ニュース

G20新たな規制はなし!?

投稿日:

仮想通貨の規制強化はとりあえず今回はなし

3月19日、20日に行われたG20では各国で統一した規制勧告案を取りまとめたものを7月までに準備することで合意したみたいですね。つまり、今回のG20は情報不足で7月に先延ばしになっただけです。3月中に不安要素がほとんど無くなって仮想通貨に適切な規制が敷かれ新規が参入しやすいものになってくれればと思ったのですが、さすがに夢物語でした。

しかし、今回新たな規制が無かったことでビットコインを中心に価格は反発して、約75万から約90万(BTC価格)まで上昇しました。現在3/21(水)では約100万円付近まで上昇しています。

仮想通貨の市場規模はまだまだ小さい

金融安定理事会(Financial Stability Board)は、ビットコインなど仮想通貨を規制することを要請する各国の呼びかけを拒否しました。

FSBの会長であるMark Carney氏は、『現時点では、仮想通貨は世界的な金融の安全性を脅かす存在ではない』と言及したらしいです。

仮想通貨の市場規模は、未だ世界のGDP比では1%にも満たないとした上で、G20では、技術的な発展を見守るべきであるとの考えみたいです。

バブル崩壊仮想通貨は終わったなど言われていますが、だいぶ過熱した日本でも仮想通貨人口はまだ10%ですし、これから市場もどんど成長していくだろうし、自分はやっぱり期待しています。(現在、資産は1/3になってますが)

-ニュース


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

インド中銀、銀行の仮想通貨関連の取引禁止!?

インド中央銀行のインド準備銀行(RBI)は銀行に対して仮想通貨取引を行う個人、企業に対するサービス提供停止を要求 インド中銀、銀行の仮想通貨関連の取引禁止、専門家「仮想通貨自体の禁止ではない」http …

リップル社、約26億円分のXRPを出資

目次1 リップル社は投資ファンドのBlockchain Capitalに約26.5億円の出資を行うことを発表2 『ビットフライヤー』顧客獲得を優先し、本人確認が不十分なままでも売買を可能3 新たな業務 …

サイバーエージェント仮想通貨交換業参入断念

 サイバーエージェント取引所参入せず   サイバーエージェント:2019年に独自通貨発行・CA bitcoin開設は断念 ・CA社が発表していた取引所CA bitcoinは金融庁の監査強化に …

コインチェックの業績開示

目次1 NEM補償分を差し引いても利益63億円!!2 mijin v.1:世界88カ国で利用可能に3 米ナスダックCEO仮想通貨取引所への参入も検討4 OKEXがERC20トークン取引を停止4.1 日 …

コインチェックLSK(リスク)FCT(ファクトム)出金、売却を再開!!

LSK(リスク)FCT(ファクトム)出金、売却を再開 コインチェックが12日(月)のETH(イーサリアム)、ETC(イーサリアムクラシック)、XRP(リップル)、LTC(ライトコイン)の出金、売却に続 …