ニュース

ビットコイン急落!?原因は?

投稿日:2018年3月19日 更新日:

 

3月17(土)〜3月18日(日)にかけてビットコイン、アルトコイン共に10%〜20%くらい下落しました。

 

1.Googleが仮想通貨関連の広告を禁止

Facebook社に続いてGoole社が仮想通貨関連のコンテンツの広告を6月から禁止するという発表がありました。さらに、ツイッター社も広告規制の可能性もあると噂されています。

ただ、仮想通貨の広告が規制されるのであって、ブログやサイトが禁止されるわけではないですし、悪質な広告が減るので別に悪いニュースではない気がします。

 

2.マウントゴックスの売り圧力の懸念

前の記事(マウント・ゴックス、約430億円分の仮想通貨を売却)でも述べたようにまだ16万ビットコインが売られる懸念があります。とはいえ、一気に売られることはまずないでしょうし、前回ビットコインを売却した時は市場には影響はなかったみたいなので、これもそんなに気にしなくてもいいのかなって思います。

3.G20での仮想通貨規制への不安

3月19日、20日からアルゼンチンの首都ブエノスアイレスにて、20カ国財務相・中央銀行総裁会議が開かれます。

仮想通貨取引所に対する規制ICO,匿名通貨の取り扱いについてなどが議題にあがる見通しだそうです。

下落の原因はG20での規制への不安が一番大きかったのではないかと思います。しかし、取引所へのハッキングやインサイダー取引、マネーロンダリングなど仮想通貨が悪用されていることも多く、あれもこれも規制するのではなく適切な規制が敷かれればポジティブニュースになると思います。

まとめ

結局大きな下げ要因はなかった気がします。G20で無謀な規制でもされない限り、また価格を戻していくんじゃないでしょうか。(希望的観測ですが)

-ニュース


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マネックスがコインチェックを買収!?

マネックスがコインチェックに買収案提示 マネックスがコインチェックに買収案提示と日経新聞が報じたみたいです。 買収額が数十億円で、和田社長と大塚取締役を取締役から外す(株主としては残るみたいですが)。 …

サイバーエージェント仮想通貨交換業参入断念

 サイバーエージェント取引所参入せず   サイバーエージェント:2019年に独自通貨発行・CA bitcoin開設は断念 ・CA社が発表していた取引所CA bitcoinは金融庁の監査強化に …

『IMF』が公平な規制を呼びかけ

目次1  『IMF』が世界中央銀行へ仮想通貨の公平な規制を呼びかけ2 フィリピン上院、仮想通貨関連犯罪の厳罰化を強く推進3 ネム一瞬だけ40円をタッチ!  『IMF』が世界中央銀行へ仮想通貨の公平な規 …

エイベックスが仮想通貨関連事業に参入か!?

目次1 エイベックスが仮想通貨関連事業に参入!?2 フィンテックアプリで『XRP』『BCH』の取り扱いを開始3 米金融アプリ『Uphold』XRPの入出金も可能に!!3.1 まとめ エイベックスが仮想 …

コインチェックの業績開示

目次1 NEM補償分を差し引いても利益63億円!!2 mijin v.1:世界88カ国で利用可能に3 米ナスダックCEO仮想通貨取引所への参入も検討4 OKEXがERC20トークン取引を停止4.1 日 …