ニュース

ビットコイン急落!?原因は?

投稿日:2018年3月19日 更新日:

 

3月17(土)〜3月18日(日)にかけてビットコイン、アルトコイン共に10%〜20%くらい下落しました。

 

1.Googleが仮想通貨関連の広告を禁止

Facebook社に続いてGoole社が仮想通貨関連のコンテンツの広告を6月から禁止するという発表がありました。さらに、ツイッター社も広告規制の可能性もあると噂されています。

ただ、仮想通貨の広告が規制されるのであって、ブログやサイトが禁止されるわけではないですし、悪質な広告が減るので別に悪いニュースではない気がします。

 

2.マウントゴックスの売り圧力の懸念

前の記事(マウント・ゴックス、約430億円分の仮想通貨を売却)でも述べたようにまだ16万ビットコインが売られる懸念があります。とはいえ、一気に売られることはまずないでしょうし、前回ビットコインを売却した時は市場には影響はなかったみたいなので、これもそんなに気にしなくてもいいのかなって思います。

3.G20での仮想通貨規制への不安

3月19日、20日からアルゼンチンの首都ブエノスアイレスにて、20カ国財務相・中央銀行総裁会議が開かれます。

仮想通貨取引所に対する規制ICO,匿名通貨の取り扱いについてなどが議題にあがる見通しだそうです。

下落の原因はG20での規制への不安が一番大きかったのではないかと思います。しかし、取引所へのハッキングやインサイダー取引、マネーロンダリングなど仮想通貨が悪用されていることも多く、あれもこれも規制するのではなく適切な規制が敷かれればポジティブニュースになると思います。

まとめ

結局大きな下げ要因はなかった気がします。G20で無謀な規制でもされない限り、また価格を戻していくんじゃないでしょうか。(希望的観測ですが)

-ニュース


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

麻生金融相、コインチェック、記者会見

「仮想通貨交換業のみなし業者への行政処分について」 本日15時半より行われる麻生金融相が「仮想通貨交換業のみなし業者への行政処分について」記者会見を行うそうです。 15時半より行われる麻生金融相の「仮 …

中国仮想通貨の規制緩和!?

目次1 易綱(イ・コウ)氏、中国の中央銀行の総裁に任命2  カジノ全国3カ所に自公合意3 コインチェックに対して集団提訴 易綱(イ・コウ)氏、中国の中央銀行の総裁に任命 易綱(イ・コウ)氏は市場に関し …

ビットコインキャッシュ(BCH)の上昇要因は!?

マイニングプールAntpool:収益一部のBCHをバーン マイニングプールAntpool:収益一部のBCHをバーン・希少性高まり価格が高騰 世界最大級のマイニングプールAntpoolが、BCHのマイニ …

Twitterも仮想通貨の広告を禁止

Twitter仮想通貨の広告を禁止に Twitter社は26日(米国時間)、新規仮想通貨の公開(ICO)やトークンの販売の広告を禁止すると、電子メールにおいて声明を述べたそうです。 GoogleやFa …

マウント・ゴックス、約430億円分の仮想通貨を売却

3/7(水)、マウントゴックス社から過去数ヶ月の間に約429億円分のビットコイン、ビットコインキャッシュを売却したという発表がありました。 破産管財人によると「可能な限り高値でBTC及びBCCを売却す …