ニュース 仮想通貨

Bithumb年内に8,000店舗の仮想通貨決済導入を目指す

投稿日:

Bithumb年内に8000店舗で仮想通貨決済導入を目指す

韓国の大手取引所Bithumb(ビッサム)2018年中に実店舗8000軒で仮想通貨決済の導入を目指すことを明らかにしました。

さすが仮想通貨先進国の韓国ですね。

現在、Bithumbで取り扱っている通貨は『ビットコイン』、『イーサリアム』、『リップル』、『ビットコインキャッシュ』、『ライトコイン』、『イオス』、『モネロ』、『ダッシュ』、『イーサリアムクラシック』、『クアンタム』、『アイコン』、『ビットコインゴールド』、『ジーキャッシュ』の13種類の通貨です。

どの通貨での決済を進めていくか、注目です。ビットコインはおそらくほぼ確定として、韓国で人気の『リップル』や『イーサリアム』、『ビットコインキャッシュ』などにも期待しています。

 サンタンデール銀行『リップル』の国際決済アプリをリリース予定

 

スペインの銀行グループ、サンタンデールはリップルと提携し、リップルのブロックチェーン『xCurrent』と、プラットフォームの『RippleNet』を採用した国際送金アプリを今春にリリースすると発表がありました。今回採用されたのは『xCurrent』で『xRapid』ではないのでリップルのXRPが利用されることはないと思いますが、ポジティブニュースには違いないと思いますので今春の『リップル』の動きにも注目していきたいと思います。

 

 

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ
にほんブログ村

↑↑↑

ランキングアップのためクリックをお願いします。

 

-ニュース, 仮想通貨


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Ripple社が約31億円を寄付

 Ripple社が約31億円分のXRPをアメリカの公立学校に寄付 リップル社は27日に『DonorsChoose.org』という大規模な非営利団体に約31億円分のXRPを寄付するとYouTubeで発表 …

bitFlyer✖️じぶん銀行キャンペーン開始

bitFlyer✖じぶん銀行キャンペーン 【キャンペーン内容】 じぶん銀行口座のリアルタイム入金により、bitFlyer アカウントへ 1 回で 5,000 円以上入金。 じぶん銀行口座 …

LINEがブロックチェーン業界参入を発表

目次1 LINEがブロックチェーン業界参入を正式に発表2 OTC取引で数十億ドル規模のブロック”の発見2.1 まとめ LINEがブロックチェーン業界参入を正式に発表 LINEは、韓国でブロックチェーン …

Bitfinexが日本円、ポンド取引取り扱いを発表

Bitfinexが日本円、ポンド取引取り扱い発表 29日、Bitfinexが円建て、ポンド建てで取引できるようになりました。 対応通貨は『ビットコイン』、『イーサリアム』、『ネオ』、『イオス』、『アイ …

仮想通貨の中国マネー復活か!?

中国の大手取引所『BTCC』新規仮想通貨取引所を開設 元中国3大取引所BTCC:新規仮想通貨取引所を開設|取引量急増なるか BTCCが6月に新規仮想通貨取引所を開設すると発表。BTC、ETH、LTC、 …